FC2ブログ
06.02
Mon
大学三年になった。大学二年で成績が落ち、成績の総合評価を数値化したGPAも落ちてしまった。そのため大学の勉強
を頑張ろうと思い、できるだけ興味のある科目を履修することにした。

しかし、大学に行くのが以前よりも嫌になってしまった。結局大学の勉強に面白みを感じることもできず、嫌々大学に行き嫌々講義を受け、なんとか全部受けてその後に帰る生活だ。大学そのものが大嫌いになり、大学生という存在も大嫌いになった。大学に入学してから性格がどんどん悪くなっているように思える。とにかく大学が嫌だった。何のために大学に行くのか、というがそんなのモラトリアムや大卒の資格に決まっている。今の時代の大学はその程度のものだ。まぁ、大卒という資格も今は一部を除いて無意味にも思えるのだが。

なぜこんなことになったのか、色々考えるが自分が原因であることは分かっている。しかしそれを改善しようという気力も全く湧かない。何かをしてもどうせ無駄だ、という考えが根底にあるのかもしれない。そういえば大学一年のときにオタサーに入ったが、結局馴染めずにやめた。馴染もうとする努力すらせずに「無理だ」と諦めてやめてしまったのだ。結局、大学入学前、入学後の自分の甘えや怠惰がこのような結果を招いたのだろう。また、「大学に入ってから友達の作り方など忘れてしまった」とよく嘆いていたが、そうではないことに気付いた。友達の作り方を忘れてしまったのではなく、友達の作り方を分からないまま歳を重ねてしまったのだ。今まで小中高のクラスの人間関係に甘んじていたのだ。

かつて大学生活が辛くて精神科に通った時期があったが、あの時より少し深刻な状況にも思える。しかし自分が本当に病気なのか甘えなのかはっきりしない。以前精神科に行ったときは些細な悩みで精神科に行くのが情けなかった。さらに改善したように思えたから一ヶ月ほどで通うのをやめた。学生相談室にはなんとか通い続けているが、なかなか解決の糸口を見つけられず右往左往している。

とにかく大学生活がしんどい。大学三年でフル単とはいえ、できるだけ今年で単位を全てとり、四年で楽をしようと考えたため、今年も多く講義をとっている。そのため週五日大学がある。今日も大学、明日も大学、明後日も明々後日もずっと大学大学大学大学・・・・・・・と考えると非常につらい気持ちになる。
また、もちろん将来への不安も存在する。私は消去法で公務員を志望しているが、未だに何もしていない。大学三年からでも間に合うという意見を都合よく信じ、やっと参考書を買ったところだ。ただ、そこまで公務員になりたいかといえば、そうではない。ただ民間を目指すにも、資格などない。ESではすぐに切られる大学だ。一応就職活動の説明会は聞きに行ったが、「インターンシップにいきましょう」というクソ当たり前な内容で「だからどうした、時間返せ」という感想しか出てこなかった。キャリアセンターの相談が二週間後にあるが、やる気が全く起こらない。働くこと自体、マイナスだと考えているからなのだろうか。

実際、自分は非常に恵まれているのだろう。大学に入学することができ、上京させてもらい、ご飯を毎日食べ布団で眠ることができる。非常に恵まれている。しかし、幸せだ、とあまり思えないのはなぜだろうか。やはり甘えなのだろうか。
正直、生きていてもつまらないし死んでしまいたい、と考えることはしょっちゅうある。しかし実際死ぬとなるとやはり怖い。そのため死にたくないから生き続けるし、これからもそうなのだろう。友達恋愛出世お金といった色んなことを諦めて無駄に歳を重ねて死ぬのだろう。もう何もかも嫌になってしまう気持ちだ。
スポンサーサイト



comment 0 trackback 0
back-to-top